08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

規制委「安全第一」明記受けーー柏崎刈羽「適合」27日にも 

原子力規制委員会は9月20日の定例会合で、東京電力の小早川智明社長を呼び、福島第一原発の廃炉をやり遂げ、新潟県の柏崎刈羽原発を安全第一で運用する決意を、柏崎刈羽の運営方針などを定めた「保安規定」に盛り込むよう求めました。

小早川氏はこれに応じ、規制委は東電に原発を動かす「資格」があると認めました。

規制委は早ければ次回会合で、柏崎刈羽6、7号機が「新規制基準」に適合するとの判断を記した審査書案を了承する考えです。

東電の社内文書である「保安規定」に決意を記させることは、9月13日の規制委の定例会合で浮上したもの。
規制委は当初、東電の運転資格に「疑念あり」としていましたが、東電側が「福島第一の廃炉をやり遂げることと、柏崎刈羽の安全性向上を両立していく」と文書や口頭で決意表明したのを受けて軟化したものです。

規制委には「保安規定」が順守されているか検査する権限があり、重大な違反があれば、運転停止や原発の設置許可取り消しなどの処分が可能になります。
規制委は、決意表明の内容を「規定」に盛り込ませることで、東電に決意内容を実行させられると判断したといいます。
同時に規制委は、電力会社を所管する経済産業省に対しても、東電が約束を確実に実行するよう指導することも条件に加えました。

東電の原発運転資格の議論が終わり、規制委は9月27日にも、柏崎刈羽6、7号機が「新規制基準」に「適合」するとの判断を記した審査書案を了承し、「意見公募(パブリックコメント)」の手続きに入るとしています。

しかし、「福島第一の廃炉をやり遂げることと、柏崎刈羽の安全性向上を両立していく」などとの決意表明を東電内部の「保安規定」に盛り込むだけで“よし”とする規制委の「基準」判断とは一体何なんでしょうか。「絶対安全」だという「安全神話」を振りまき、挙げ句の果てには福島の過酷事故を引き起こした東電に原発再稼働する資格があるのでしょうか。「原発ありき」「再稼働ありき」ではないでしょうか。(サイト管理者)

規制委は前委員長だった田中俊一氏の任期が終わる9月18日より前に、駆け込みで柏崎刈羽原発6、7号機の適合を判断したい考えでしたが、延期していました。


【出典参考】2017年9月20日付け「東京新聞」夕刊


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda
スポンサーサイト

[edit]

核燃料 20年取り出し開始断念 

東京電力福島第一原発の「使用済み核燃料」について、政府は、2020年の取り出し開始を断念し、数年遅らせる方針を固めたことが、このほどわかりました。

原発で使い終わった核燃料は、原子炉と同じ建物内の貯蔵用プールの中で冷やして保管されていますが、強い放射線を出していて、冷却し、「溶融」を防ぐ必要があります。
廃炉作業中の福島第一原発では、この核燃料が残っていることが最大のリスクの一つで、「廃炉」のためには、これを取り出す作業が必須ですが、1号機と2号機では、現場の破損状況などから、作業員の被ばく量が当初の予想より高いことがわかりました。そのため、政府は2020年度内の取り出し開始を断念し、数年遅らせる方針を固めたといいます。今月中をめどに正式決定される方針です。

「使用済み核燃料」の取り出しが遅れれば、30年〜40年で終えるとしている廃炉作業全体の日程に影響する可能性があるとみられます。


【出典参考】2017年9月20日配信「NNNニュース」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「原発を考える戸田市民の会」が「地球温暖化等環境をよくする対策に関する要望書」提出 

昨日の当ブログで、「原発を考える戸田市民の会」(代表代行:丸山利男)が、「映画『日本と再生』戸田上映会」において戸田市が後援を「不承認」としたことに関し、9月20日(水)神保市長宛て「質問書」を提出したと紹介しましたが、会では同時に「地球温暖化等環境をよくする対策に関する要望書」も届けました。
以下、「要望書」全文を紹介します。(サイト管理者)



戸田市長 神保国男 様

地球温暖化等環境をよくする対策に関する要望書


これまで戸田市は、環境負荷が少なく環境にやさしい自然エネルギーの導入をする市民や事業に対し、地球温暖化対策に貢献するものとして補助金制度などいくつもの取り組みを進められてきていることに敬意を表します。世界でも昨年のCOP21(パリ協定)に言われているように、近年の異常気象による災害の増大と地球温暖化の関係は深く、温暖化防止・CO2削減の取り組みは喫緊の課題となっています。
私たち「原発を考える戸田市民の会」も6年前の「3.11原発の過酷事故」以来、被災地のみなさんの苦しみや悲しみを共有しながら、市民にやさしい安心・安全・環境の良いまちづくりを市民のみなさんとご一緒に考えてきました。
太陽が地球に届けるエネルギーは、その1時間分で、全人類が1年間に消費するエネルギーに相当するといわれています。
埼玉県は快晴日数日本一です。また電力使用量(電灯)は全国第5位とたくさんのエネルギーを使っている県でもあり、住宅用太陽光発電設置は愛知県に次いで日本第2位でもあります。(日本電気協会「電気事業便覧」・新エネルギー財団及び太陽光発電協会の資料から) 太陽光発電のような自然エネルギーの利用を図ることは戸田市のような都市型生活の地域での有効な地域資源利用にもなるものです。
そこで、当面、以下の施策を戸田市として積極的に進めること、またこれに関連した懇談の場をもつことを要望します。


1.戸田市の公共施設や住宅・マンション・工場・倉庫等における太陽光発電・風力発電などの設置状況(設置個所・発電出力など) を把握し、戸田市の公共施設については特に太陽光発電装置等を設置すること。

2.戸田市民が新築に限らず太陽光発電装置等を進んで設置できるような補助金に増額すること。

3.今後、市内における住宅・マンション・福祉施設・工場・倉庫等の建築に当たっては、温暖化防止・自然エネルギー活用を義務付ける「指導要綱」又は「条例」などを制定すること。                            

なお、懇談日程は10月中旬ごろまでの日程を設定していただきたくお願いいたします。                              
以上

2017年9月20日

原発を考える戸田市民の会   
代表代行 丸山利男



■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「原発を考える戸田市民の会」が戸田市長に「質問書」提出――後援「不承認」を巡って 

「原発を考える戸田市民の会」(代表代行:丸山利男)は、2017年6月17日(土)、戸田市文化会館で行われた同会主催(市内13団体が協賛)の「映画『日本と再生』戸田上映会」において、後援を申請した戸田市が「不承認」としたことに関し、その理由を問いただす「質問書」を9月20日(水)、神保市長宛てで戸田市に提出しました。会では10月20日までに回答するよう求めました。
以下、「質問書」全文を紹介します。(サイト管理者)


戸田市長 神保国男様

戸田市への「後援申請」に対して「不承認」とした理由についての質間書

首題の件に関し、2017年4月18日付けにて、「原発を考える戸田市民の会」(代表代行・丸山利男)が、映画「日本と再生」戸田上映会の開催について戸田市の後援を申請したところ、同年4月26目付戸環127号にて「不承認」とする通知をいただきました。
その理由として、同書面にて、「原発を考える戸田市民の会」の「設立趣旨」が「戸田市後援及び共催に関する事務敢り扱い要綱」第2条第3号エ及び第4条第2項第2号に該当するためとあります。ご指摘の条項によれば「政治上の主義を推進し、支持し、またこれに反対することを目的にするもの、またはそのおそれのあるもの」としています。
そこで下記の点についてお尋ねいたしますのでご解答をいただきたくお願いいたします。

                 記

私たち「原発を考える戸田市民の会」の「設立の呼びかけ」は福島原発過酷事故の事実にもとづく実態を述べ、
「私たちには、原発のない日本を実現し、放射能汚染のない安全な社会を子どもたちに手渡していく責任があります。
また、再生可能な自然エネルギーの活用により安全・安心の社会の実現をめざす責任もあります。そのためにも、先ず市民が原発や、原発に替わる再生可能な自然エネルギーについて学び、正確な情報を共有していきましょう。」と呼びかけています。
そこで、お尋ねいたします。
上記の「設立の呼びかけ」(設立趣旨)のどこが「戸田市後援及び共催に関する事務敢り扱い要綱」第2条第3号エ及び第4条第2項第2号に該当し「不承認」とされたのでしょうか。
本件は日本国憲法、11条、12条、13条、14条、19条、21条などにも深く関わっており、その関連も含めてご解答いただきたく存じます。
尚、質間書に対するご解答について2017年10月20日までにお寄せいただきたくお願いいたします。
以上

2017年9月20日
「原発を考える戸田市民の会」
代表代行 丸山利男


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「とだ環境フェア2017」に今年も出展――原発を考える戸田市民の会 

今年も「原発を考える戸田市民の会」は、10月29日(日)に戸田市役所南側で行われる「とだ環境フェア2017」に出展します。以下、ご案内します。(サイト管理者)

<戸田市ホームページの呼びかけより>

市内で環境の活動する団体や企業が、クイズラリーや展示を通して活動内容を発表し、市内小学校の絵画を展示します。
また、今年は新しく環境学習コンペティションを開催します。

今年は19の団体が出展し、各ブースにて展示します。会場ではクイズラリーとして各ブースにクイズが設定されていますので、ぜひ挑戦してください!

クイズラリーに参加して、アンケートに答えてくれた方には参加賞を差し上げます(小学生以上対象。一人につき1回限り。参加賞が無くなり次第終了)。参加賞は、主にとだ環境フェア2017への協賛企業から提供いただきましたものをお渡しさせていただきます。

今年度から「環境学習コンペティション」を行います。
戸田市内の環境に関する研究・活動を募集します。
環境フェア来場者による投票を行い、優秀なグループには賞品をプレゼントいたします。

当日は商工祭の2日目と同時開催となっています。会場が隣り合っていますので、どちらもお楽しみください。


<とだ環境フェア2017>

日時:2017年10月29日(日)10:00~15:00
会場:戸田市役所 庁舎南側

内容:
・環境団体等の活動報告・展示
(「原発を考える戸田市民の会」もブースを出し、組立式ミニ太陽光発電パネルや発電グッズの展示や、パネル展示を行います)
・クイズラリー 
・市内小学校の絵画展示
・環境学習コンペティション

主催:とだ環境フェア実行委員会(戸田市環境課内)
電話番号:048-441-1800(内線344、377)

後援:戸田市、戸田市教育委員会



■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター