02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

核燃料サイクルに米高官懸念表明ーー核安保サミット前に異例の発言 

米国で3月31日に始まる核安全保障サミットを前に米高官が、日本が進めている核燃料サイクル事業について懸念を示すという異例の発言がありました。

これは米上院外交委員会が3月17日に開いた公聴会で、カントリーマン次官補が「再処理事業に経済的合理性はなく、核の安全保障と不拡散に懸念をもたらす。すべての国の撤退が喜ばしい」と発言したというもの。

これはオバマ米大統領がプルトニウムの大量保有を問題視しているという背景があります。

オバマ氏は「テロリストの手に渡らないよう努力している分離済みプルトニウムのような物質を絶対に増やし続けてはいけない」と述べていました。

核燃料サイクルは、原発の使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、再利用するというものですが、このプルトニウムは核兵器にもなるもの。核燃料サイクル事業を進める日本では、保有するプルトニウムが、核兵器6千発分にあたる48トンになるといいます。

米国は1977年に再処理事業から撤退しており、他国には参入を認めていないものの、日本には1988年に定めた日米原子力協定で例外的に認められました。

日本政府は、このプルトニウム保有量を核燃料サイクル事業の実現で減らすとしていますが、メドが立たない現状に米国が疑問を呈した格好です。


【出典参考】2016年3月27日付け「北陸中日新聞」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

スポンサーサイト

[edit]

東北電力女川・東通原発全4基でケーブル敷設の不備合計218件 

東北電力は3月29日、宮城県の女川原発と青森県の東通原発の全4基で、中央制御室の床下を中心にケーブル敷設の不備が合計で218件あったと発表しました。

原子力規制委員会の「新規制基準」では火災対策として、ケーブルは緊急停止などに関連する安全系とそれ以外を分離するよう求めていますが、分離板が損傷していたり、ケーブルが混在していたりなどの不備があったものです。

内訳としては、分離板の損傷が177件、混在が41件となっています。
東北電では「難燃性のケーブルを使用しており、安全性に問題はない」と説明していますが、女川原発については既に不適切な敷設を直し、東通原発でも9月までに改善するとしています。

ケーブル敷設の不備については、昨年12月に女川原発3号機と東通原発1号機で見つかったことから、東北電では女川原発1、2号機を加えた全4基を対象に調査していたものです。


【出典参考】2016年3月30日付「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「再生可能エネルギー」投資額昨年過去最大に 

国連環境計画(UNEP)とドイツのビジネススクールによる報告書で、昨年の世界の「再生可能エネルギー」への投資額が2859億ドル(約32兆4000億円)で過去最大となり、風力・太陽光による発電能力も1億1800万キロワット増え、過去最大の伸びになったことが分かりました。

この報告書によると、大規模水力発電を除く「再生可能エネルギー(風力、太陽光、バイオマス、バイオ燃料、地熱、海洋エネルギー、小規模水力)経の投資額が最大だった2011年を上回ったということで、この12年間の投資額は合計で2兆3000億ドルに上っています。

また、昨年の投資額のうち、「再生可能エネルギー」による発電の新規導入に使われたのは2658億ドルになり、これは石炭・天然ガス発電への投資額1300億ドルの2倍となりました。ただ、発電量では「再生可能エネルギー」は全体の10%を占めるにとどまっています。

昨年、新たに導入された発電能力は、「再生可能エネルギー」が1億3400万キロワット、大規模水力が2200万キロワット、原子力が1500万キロワット、石炭火力が4200万キロワット、天然ガス火力が4000万キロワットでした。

また昨年は、中国、インド、ブラジルの途上国3国の「再生可能エネルギー」への投資額1560億ドル(前年比19%増)と、先進国での投資額1300億ドル(前年比8%減)を上回りました。

報告書の共同執筆者は「再生可能エネルギーが低炭素生活様式の中核となる状況がますます進んでいる。2015年の投資額が記録的となったことは、その傾向を示している」と評価。

一方、昨年パリで開かれた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で採択された「パリ協定」で前向きの動きが示されたものの「まだ先は長い」とする指摘や「石炭火力発電所などの耐用年数は長い。今以上に政策的な介入を行わなければ、気候変動を引き起こす二酸化炭素の排出は、少なくとも今後10年間は続く」と警告も出されています。


【出典参考】2016年3月29日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「上関原発ノー」山口県民大集会に2000人 

中国電力が山口県上関町に建設を強行しようとしている上関原発建設計画の白紙撤回を求める「上関原発を建てさせない山口県民大集会」が3月26日(土)、山口市内で開かれ、県民約2000人が参加しました。

主催は「上関原発を建てさせない県民連絡会」。

同連絡会の共同代表である那須正幹氏(児童文学者)、清水敏保氏(上関原発を建てさせない祝島島民の会代表)、田川章次氏(弁護士)が、それぞれ挨拶。

福島第一原発事故で故郷を奪われ、避難を余儀なくされた福島県飯舘村から、酪農家の長谷川健一氏が、原発事故で放射能に汚染された村の現状や、原発再稼働を進める国への怒りを述べました。

集会後、参加者は「いらんちゃ原発」と声をあげ、「NON」と書かれた紙を掲げながら市内をデモ行進しました。

【出典参考】2016年3月27日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会」に3万5000人 

3月26日(土)、東京・代々木公園で脱原発を訴える「NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会」が開かれ、約3万5000人が参加しました。
東京電力福島第一原発事故以降、原発ゼロに向けて活動している「さようなら原発1000万人アクション」や「首都圏反原発連合」、原発をなくす全国連絡会、反原発運動全国連絡会。戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が協力しました。

集会では「アベ政治を許さない」の行動を呼びかけた作家の澤地久枝さんが「福島原発事故で何十万という人がふるさとを奪われた。原発事故の被害者と手を結んで歩んでいきたい」と発言。
ルポライターの鎌田慧さんや、元茨城県東海村長で脱原発首長会議の村上達也さん、「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の高里鈴代さん、原発事故から30年になるチェルノブイリ原発事故被害者のジャンナ・フィロメンコさんがベラルーシから来日し、スピーチしました。
また、総がかり行動実行委員会の福山真劫さん、小田川義和さん、シールズの芝田万奈さんがスピーチしました。

集会後、週末でにぎわうJR渋谷駅前のスクランブル交差点などをデモ行進し「原発はいらない」「再稼働反対」と訴えました。

■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

3月26日、NO NUKES DAY 原発のない未来へ!全国大集会 

今日、3月26日(土)11:00から、東京・代々木公園で「NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会」が開かれます。
福島第一原発事故から丸5年。いまこそ原発再稼働を許さず、原発ゼロの社会を作りましょう。多くの参加を希望します。(サイト管理者)



NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会
つながろう福島!守ろういのち!
~福島原発事故から5年・チェルノブイリ事故から30年~


日時:2016年3月26日(土)11:00~15:00
会場:代々木公園(東京都渋谷区)

<第1ステージ>(サッカー場)
メインステージ
12:15~14:30 司会 木内みどり(女優)
オープニングライブ NAMBA69
大集会
主催者あいさつ 首都圏反原発連合 Misao Redwolf
著名人あいさつ
・澤地久枝(作家)
・内橋克人(作家)
福島現地から 佐藤和良(福島原発告訴団)
海外ゲスト(チェルノブイリ原発事故)ジャンナ・フィロメンコ(ベラルーシ)
再稼働現地から 中村嘉孝(原水爆禁止愛媛県協議会事務局長)
脱原発首長会議  村上達也(元東海村村長)
もんじゅ関係 宮下正一(原発反対福井県民会議)
電力自由化 吉田明子(国際環境NGO「FoE japan」)
福山真劫(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
高里鈴代(「基地・軍隊を許さない女たちの会」共同代表/「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」共同代表)
山城博治(沖縄平和運動センター議長)
フクシマ連帯キャラバン

<第2ステージ>(野外音楽堂)
テーマ:つながろう福島
11:20 ~13:00 司会 神田香織(講談師)
オープニングコンサート 寺尾紗穂(シンガーソングライター)
著名人あいさつ 鎌田慧(ルポライター)
課題別報告
武藤類子(福島原発告訴団 ひだんれん)
宇野朗子(「避難の権利」を求める全国避難者の会)
中井ゆみ子、稲垣芳(放射能からこどもを守ろう関東ネット)
松本信夫(葛尾村畜産農家)
池田実(被ばく労働者から)
中島孝(生業を返せ!地域を返せ!福島原発訴訟」原告団長)
*各報告者に司会者から質問し掛け合い
海外ゲスト
シュウ・グァンロン(台湾)
クロージングライブ 日本音楽協議会

<第3ステージ>(ケヤキ並木)
テーマ:基地も戦争もいらない
11:20~13:00 司会あいさつ 満田夏花(「国際環境NGO「FoE Japan」理事/辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク)
ミニコンサート
ジンタらムータ
憲法、戦争法
小田川義和(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
相澤理恵(安保関連法案に反対するママの会@東京)
芝田万奈(SEALDs)
枝木美香(アーユス仏教国際協力ネットワーク事務局長/非戦NGOネットワーク運営委員)
沖縄
海外ゲスト
インド ラリータ・ラムダス(反核運動全国連合)
トルコ メチン・グルブズ(シノップ反原発プラットフォーラム)

<パレード>
*渋谷コース(市民・市民団体)
代々木公園ケヤキ並木渋谷口から出発→渋谷駅→明治通り→神宮通公園で流れ解散
*明治公園コース(平和フォーラム)
代々木公園イベント広場出口から出発→五輪橋(原宿駅)→青山通り→明治公園こもれびテラスで流れ解散
*新宿中央公園コース(原発をなくす全国連絡会)
代々木公園第1ステージ脇から出発→参宮橋→新宿中央公園で流れ解散


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜差し止めの住民側弁護団が関電社長の「賠償請求」発言に抗議 

福井県に立地する関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定をめぐり、上級審で判断が覆った場合の損害賠償請求について「検討対象となり得る」と述べた関電の八木誠社長の発言(3月20日付け当ブログ掲載)に対し、仮処分を申請した住民側の弁護団などが3月22日、同社宛てに抗議文を送付しました。

八木社長の発言は、3月18日に開かれた電気事業連合会の定例記者会見の席上で、電事連会長を務める八木社長は「逆転勝訴した場合には、一般論として検討の対象にはなり得る」と述べ、本件判決で再稼働の停止を余儀なくされた腹いせに、住民に賠償をもとめる可能性があると請求する含みをもたせたもので、住民側をけん制しました。

弁護団は「仮処分申し立ての断念や、新たな申し立てに対するけん制が目的としか考えられず、どう喝だ」として、発言の撤回を求めました。

これに対し、関電側は、「逆転した場合の一般論を述べただけで、どう喝やけん制が目的ではない」などと弁解しました。 


【出典参考】2016年3月22日配信「時事通信」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「夢」が「悪夢」となった高速増殖原型炉「もんじゅ」 

2015年12月10日付け「毎日新聞」東京朝刊より、高速増殖原型炉「もんじゅ」についての論評を転載させていただき、ご紹介します。(サイト管理者)


※以下、転載はじめ↓


<もんじゅ増殖「夢」のまま 設備は大型原発級、暴走の可能性>

 原子力規制委員会から運営主体の交代を求められ、存廃の岐路に立つ高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。発電しながら使った以上の燃料を生み出す「夢の原子炉」と呼ばれる。どういう仕組みなのか。実現の可能性はあるのか。改めて探った。


 自然界にあるウランのうち通常の原発(軽水炉)の燃料になるウラン235は0・7%に過ぎない。99・3%を占めるウラン238は核分裂しにくいため、そのままではゴミになる。もんじゅはこれを利用しようと考え出された。

 もんじゅの燃料のプルトニウム239は、核分裂するとスピードの速い中性子が3個飛び出す。これがウラン238に当たるとプルトニウム239に変わる。中性子1個を次のプルトニウム239の核分裂、残り2個をウラン238の変換に使うと、消費したより多いプルトニウム239ができる。「高速」中性子を使って燃料を「増殖」するのが、高速増殖炉の意味だ。

 もんじゅの炉心は、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を、ウラン238だけでできた燃料(ブランケット燃料)が覆う構成。ブランケット燃料に生まれるプルトニウムの97%以上はプルトニウム239だ。核燃料に再利用するには十分高い濃度で、核兵器にも転用できる。

 軽水炉では燃料を冷やすのに水を使うが中性子は水の中では速度が遅くなる。遅い中性子は核分裂を効率よく起こす半面、ウランをプルトニウムに変えられないため増殖に使えない。もんじゅは原子炉の冷却にナトリウムを使う。

 ナトリウムは効率よく熱を奪う利点があるが、強い放射能を帯び、水や空気と触れると火災や爆発を起こす。原子炉を冷やしたナトリウム(1次系)で直接水を温めるのは非常に危険だ。もんじゅはいったんナトリウム同士で熱交換し、放射能を持たないナトリウム(2次系)で蒸気をつくって発電する。このため軽水炉に比べて設備が非常に複雑になる。もんじゅの出力は28万キロワットと原発では小型だが、設備の大きさは100万キロワット級の原発に匹敵する。

 他にも、暴走しやすく原子炉の制御が難しい▽ナトリウムは不透明で原子炉内の点検が困難??など多くの欠点がある。高速増殖炉は軽水炉よりも早く1951年に米国で世界初の原子力発電に成功したが、実用化した国はまだない。仮にもんじゅが成功したとしても、経済性を検証する実証炉、商業的に使う実用炉、高速増殖炉専用の再処理工場などさまざまな施設を造らなくてはならず、増殖の実現はまさに「夢」の世界だ。

 もんじゅの構造に詳しい元京都大原子炉実験所講師の小林圭二さんは「高速増殖炉は増殖を主眼にするためさまざまな無理がある。電源としては失格だ」と話す。


【出典】2015年12月10日付け「毎日新聞」東京朝刊


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

プルトニウム輸送船が米国に向け茨城・東海港出航 

日本から米国に返還される研究用プルトニウムや高濃縮ウランを積んだイギリスの輸送船「パシフィック・イグレット」が3月22日、最終処分のため米南部サウスカロライナ州にある米エネルギー省のサバンナリバー核施設に向け茨城県東海村の日本原子力発電の東海港を出航しました。米国への到着は5月ごろの見通しと見られます。

これは、各国が保有する核物質がテロなどに悪用されるのを防ぐため、オバマ米政権が進める管理強化策の一環で、2014年の核安全保障サミットで日米が返還に合意したものです。サバンナリバー核施設では各国のプルトニウムを受け入れていますが、最終処分方法は明確に決まっていません。

プルトニウムは331キロで核兵器40~50発分に相当します。冷戦期に英米仏が日本に提供し、高速炉臨界実験装置(FCA)で使われたものです。


【出典参考】2016年3月21日配信「47NEWS」、22日配信「毎日新聞」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

震災関連自殺者23人――2015年 

東日本大震災に関連した2015年の自殺者が、前年より1人多い23人に上ったことが内閣府と警察庁のまとめで判明しました。

これによると、岩手県が前年と同じ3人、宮城県が3人減の1人、福島県が4人増の19人でした。

「震災関連死」については2011年6月から集計し、2015年までに9都府県で合計162人にのぼり、内、福島県が約半数の80人を占めています。

年代別では70代が7人、60代が5人、40代と80代以上が各4人。無職が多く、年金・雇用保険生活者が10人、主婦と学生が各1人でした。

自殺の動機は、健康問題が13人、家庭問題が6人、経済・生活問題が2人となっています。


震災が直接の原因ですが、原発さえなかったら、これほどまでの状況にはならなかったのではと残念でなりません。(サイト管理者)


【出典参考】2016年3月21日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜原発差し止め「なぜ一地裁の裁判官が」――関経連憤慨  

関西電力の高浜原発3、4号機の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定を、関西経済連合会の森詳介会長(関電会長)や角和夫副会長(阪急電鉄会長)ら関西の経済界が3月17日に批判しました。

角副阪急電鉄会長は3月17日、関経連の記者会見で「憤りを超えて怒りを覚えます」と切り出し。「なぜ一地裁の裁判官によって、(原発を活用する)国のエネルギー政策に支障をきたすことが起こるのか」と述べ、「こういうことができないよう、速やかな法改正をのぞむ」と訴えました。再稼働で電気料金が値下げされると、鉄道事業の電気代が年間5億円安くなるとみていたということです。

森会長も同じ会見で、「(電気料金の)値下げができなくなったことが関西経済に与える影響は小さくないと考えており、一日も早く不当な決定を取り消していただかなければならない」と話しました。

さらに、沖原隆宗副会長(三菱東京UFJ銀行特別顧問)も「理解できない」とし、佐藤広士副会長(神戸製鋼所会長)も「(大津地裁のように)裁判がいろんなところで次々に起こり、電気の安定供給に不安が出てくるのではないかと懸念している」と話したということです。


【出典参考】2016年3月18日配信「朝日新聞デジタル」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜原発停止控訴審で逆転勝訴なら賠償請求も――関電社長が住民をけん制 

関西電力の八木誠社長は3月18日、大津地裁による運転差し止め仮処分決定で停止している福島県高浜町の高浜原発3、4号機について、不服申し立てを経て上級審で勝訴するなどし最終的に確定した場合の対応として「会社として現時点ではまだ何も決めていない」としながらも、「一般的に(原発停止に伴う)損害賠償請求は、逆転勝訴すれば考えられる」と述べ、不当にも住民をけん制するような発言をしました。

福島第一原発事故でもあきらかなように、重大な過酷事故が起こった際の責任はだれもとらない電力会社の実態がある中で、また高浜原発にいたっては十分な避難計画など示されていない中で、採算だけを追求し再稼働を急ごうとする八木社長の姿勢が問われます。

八木社長が会長を務める電気事業連合会の定例記者会見(東京・大手町)で語りました。


【出典参考】2016年3月18日配信「共同通信」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜原発は「このまま廃炉」に――反原連188回目の抗議行動 

首都圏反原発連合(反原連)は、3月18日(金)夜、通算188回目の「首相官邸前抗議行動」を行い、「高浜原発このまま廃炉に」と訴えました。

安倍政権は、高浜原発3、4号機が再稼働する中で、住民の運転差し止め請求に対し、大津地裁が下した運転停止を命じた画期的な仮処分決定に逆らい、原発推進の姿勢を強めています。

こうした状況に、800人の参加者は「民意虫の原発再稼働反対!」「原発やめろ!安倍やめろ!」などと書いたプラカードを掲げに、抗議の声をあげました。


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜原発運転差し止めについての各紙報道 

関西電力高浜原発3、4号機の再稼働に対し、住民の運転差し止め請求を認めた3月9日の画期的な大津地裁の仮処分決定について、新聞各紙の報道を見てみると、

■東京新聞(3月10日付け)社説「フクシマを繰り返すな」
「事故時の避難計画策定も十分でないままに、原発の再稼働を『是』とした原子力規制委員会の『合理性』にも『ノー』を突きつけた」
「憲法が保障する人格権に基づいて住民を守るという基本の回帰。司法の常識が働いた」

■京都新聞(3月10日付け)
「原発事故を機に、裁判官の間には、従来のように国の手続きの適否にとどまらず、安全に関する審理を本格的に行うべきだとの『改革論』が浮上していた」
「背景には、原発訴訟で『安全』のお墨付きを与え続け、結果的に未曽有の事故を妨げなかったとの反省がある」

■朝日新聞(3月10日付け)
「許されぬ安全神話の復活」として「できるだけ早く原子力発電に頼らない社会を実現すべき」

■毎日新聞(3月10日付け)
「政府も重く受け止めよ」として「福島原発事故の総括をあいまいにしたまま原発会費を進めようとする政府に再考を求める決定でもある」

■産経新聞(3月10日付け)主張
「常軌を逸した地裁判断」
「電力不足や電気料金上昇など社会的なリスクの増大だ」

■読売新聞(3月10日付け)
「電力業界からは『原子力事業の経営リスクが高まった』との声も漏れる」


【出典参考】2016年3月20日付け「しんぶん赤旗日曜版」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

明日18日に原発反対の官邸前抗議行動 

首都圏反原発連合(反原連)は、明日3月18日(金)午後6時30分から8時まで恒例の「首相官邸前抗議行動」を行います。

今回も首相官邸前と国会正門前の2ヵ所にスピーチエリアを設け、原発再稼働に暴走する安倍晋三政権に「原発やめろ」「再稼働反対」の声を突きつけます。

全国でもこれに呼応し各地で「原発再稼働」と「原発推進」に反対する行動が行われます。

また、26日(土)には、反原連、原発をなくす全国連絡会、さようなら原発1000万人アクション、反原発運動全国連絡会が共同で主催して「NO NUKES DAY」統一行動が行われます。
このため25日(金)の官邸前抗議行動は中止されます。


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「高浜判決に続け」川内原発抗議集会に1500人 

東日本大震災5年に合わせ、昨年再稼働した鹿児島県薩摩川内市に立地する九州電力川内原発の運転に反対する集会が3月13日(日)、鹿児島市であり、約1500人が参加しました。

集会では、川内原発に続いて再稼働していた福井県高浜町の関西電力高浜原発3、4号機について運転差し止めを命じた大津地裁決定が出たばかりで、参加者は川内原発でも「司法は私たちの声に耳を傾ける時だ」との声が上がりました。

川内原発でも、運転差し止めの仮処分を求める即時抗告審が福岡高裁宮崎支部で係争中です。

壇上に上った森雅美弁護団長は「5~6月ごろに決定が出ると思う」とした上で、「裁判所は法律のみによって動いているのではない。裁判官に(原発反対の)国民の意思を見せ続けてほしい」と述べ、世論の広がりに期待を表明しました。

また、集会実行委員会の向原祥隆事務局長は「(宮崎支部の)裁判官が続いてくれることを願いましょう」と力を込めて訴えました。



<大阪・御堂筋でも「反原発」1000人がデモ行進>


関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定が出るなか、関西の反原発を訴える団体が主催して「さよなら原発 関西アクション」が3月13日(日)、大阪市内で開かれ、市民ら約1000人が御堂筋約4キロをデモ行進し、横断幕などを掲げて「原発いらない」「再稼働反対」と訴えました。

デモ行進に先立ち市中央公会堂で開かれた集会では、「ストップ・ザ・もんじゅ」(大阪府枚方市)の池島芙紀子代表が「仮処分決定は私たちの地道で粘り強い反原発の闘いの結果。これからも力を合わせて闘いましょう」とあいさつしました。

高浜原発に近い福井県小浜市でも「さよなら原発福井県集会」があり、約500人が参加。講師として招かれた嘉田由紀子・前滋賀県知事が事故が起きた時の広域避難体制の手薄さを指摘、「原発は不要」と訴えました。



【出典参考】2016年3月13日配信「毎日新聞」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

映画「日本と原発 4年後」上映会+「原告・弁護団報告集会」 

福島第一原発事故から5年、このほど埼玉地裁で闘っている福島原発さいたま訴訟弁護団の報告を兼ね、映画「日本と原発 4年後」の上映会が3月20日(日)、さいたま市民会館うらわホールで開かれます。
埼玉総合法律事務所から案内を頂きましたので、ご案内します。(サイト管理者)



映画「日本と原発 4年後」上映会+
福島原発さいたま訴訟「原告・弁護団報告集会」


日時:2016年3月20日(日)13:15開場 13:30開演
場所:さいたま市民会館うらわホール

原発の仕組み、歴史、福島の事故から現在に至るまで、
弁護士視点で描かれる日本の原発のすべて、
大きな反響を呼んだ「日本と原発」の続編!


前売:800円、当日:999円

主催:『日本と原発 4年後』上映実行委員会



■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「311甲状腺がん家族の会」を発足 

東京電力福島第一原発事故から5年の3月12日、事故後に福島県が実施している県民健康調査により甲状腺がんと診断された5人の患者とその家族が「311甲状腺がん家族の会」を発足させたことが分かりました。

孤立している患者や家族同士が親睦を深め、治療などに関する情報交換や、課題解決のために政府や県に働きかけをしていくとしています。

県民健康調査では、昨年末までに事故当時18歳以下だった166人が甲状腺がんやその疑いがあると診断されました。
しかし、これまでは患者や家族同士の交流の機会がなかったため、同会の世話人らが働きかけて、今年1月に初めて交流会が実現したのがきっかけです。

この日の記者会見には、患者2人の父親もインターネット中継で参加。事故当時10代の男子の父親は「突然がんと言われ、本当につらい思いをした。気持ちを分かり合える皆さんと話しただけでも救われた。大変な状況で悩む方はたくさんいると思うが、勇気を振り絞って参加してほしい」と呼びかけました。

会員は原発事故後に甲状腺がんと診断された患者や家族が対象で、県外の人や事故当時18歳以上だった人も含みます。年会費は1家族1000円。入会や相談は、電話070・3132・9155か、メール311tcfg@gmail.com、ホームページ311kazoku.jimdo.comへ。


【出典参考】2016年3月12日配信「毎日新聞」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「2016原発のない福島を!県民大集会」に6000人 

東京電力福島第一原発事故から5年を迎えた3月12日、福島県郡山市の陸上競技場で「2016原発のない福島を!県民大集会」が開かれ、約6000人が参加しました。

角田政志集会実行委員長が「福島の現実置き去りの原発再稼働は許すことはできない。福島第二原発の廃炉、日本の原子力政策の見直しを求めていく」と強調しました。

集会では、さようなら原発1000万人アクションの鎌田慧さんが連帯の挨拶。

福島原発事故津島被害者原告団長の今野秀則さんが、「原発と人間社会派共存できない。安倍首相がいうようなコントロールはされていない。生業できない原発が事故を起こせば悲惨な事態になる。私たちはその過酷な現実を担い続けさせられている」と告発、大熊町の愛場学さんは、家族がばらばらにされた怒りを込め「原発再稼働は容認できない」と訴えました。今野さんら4氏がリレートークしました。

参加者は集会後、市内をデモ行進しました。


【出典参考】2016年3月13日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

福島第一原発事故から5年、官邸前抗議行動に6000人 

東日本大震災と福島第一原発事故から5年の3月11日(金)夜、フクシマを忘れず原発ゼロを目指して毎週金曜日夜に実施してきた首都圏反原発連合(反原連)主催の187回目の「首相官邸前抗議行動」が行われ、6000人が参加しました。

国会前の大集会では、主催者を代表してミサオ・レッドウルフさんは、一昨日に大津地裁で下された関西電力の高浜原発運転差し止め請求の画期的な決定にふれ、「この決定は、大きな希望です。政府の政策を転換させ、原発をなくすまで、声を上げ続けます」と訴えました。

集会では、福島の被災者や著名人がスピーチ。「いわき放射能市民測定室たらちね」事務局長の鈴木薫さん、精神科医の香山リカさん、上智大学教授の中野晃一さんらがスピーチを行いました。

また、この日、民主、共産、維新、生活、社民の5野党代表も訴えました。官邸前の抗議行動が全国各地に広がり、国民世論を大きく変えた力で、野党共闘を必ず成功させ、選挙に勝って、原発推進の安倍政権を倒そう、力を合わせて原発再稼働を止め、原発ゼロの日本を目指そうと、呼びかけがありました。


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

東日本大震災から5年、原発推進の姿勢、改めて‼ 

今日3月11日は、東日本大震災とそれにともなう福島第一原発事故から5年となります。また今年はチェルノブイリ原発事故から30年になります。

東日本大震災では、死者は12都道府県で1万5894人、行方不明者は2561人、震災後の傷病悪化などによる「震災関連死」を含めると2万1000人を超えます。
震災から5年たった今でも、避難者は17万4400人、プレハブ仮設住宅で今なお不自由な生活を余儀なくされている人は岩手、宮城、福島の3県で5万9000人に及びます。

このように震災の復興を遅らせているのは、何といっても原発事故があったから。原発さえなければ、このような過酷事故はなかったし、地震と津波で不幸にも未曽有の被害があったとしても、これほどまでに復興が遅くなることはなかったでしょう。

除染も賠償も遅々として進まず、除染による放射能廃棄物の1トン袋は、その行先も決まらず1000万個に膨れ上がっています。

なのに安倍政権と電力会社は、停止している全国の原発の再稼働に固執しています。既に九州電力川内原発1、2号機、関西電力3、4号機の2つの原発4つの原子炉の再稼働を強行してきました。

しかし一昨日、大津地裁は、住民から出ていた高浜原発3、4号機の運転差し止め請求を認めました。これにりより関電は高浜原発の稼働を停止しました。
裁判では原子力規制委員会の「新規制基準」を厳しく指摘。安倍政権の原発再稼働、原発推進の姿勢に待ったをかけた格好で、画期的な判決となりました。

安倍政権は、一刻も早く被災地の住民が古里に帰れるよう、復旧復興を最優先させ、除染と賠償に真摯に向き合い原発再稼働を断念し、二度とこのような被害を出さないように努めることを強く求めます。



■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

明日3・11「原発ゼロ」「再稼働反対」で全国行動 

東日本大震災とそれにともなう福島第一原発事故から5年となる明日3月11日(金)、全国で「原発ゼロ」「再稼働反対」を訴える行動が、判明しているだけでも全国110ヵ所以上で行われることが、「しんぶん赤旗」の調査で分かりました。

首都圏反原発連合(反原連)が毎週金曜日、首相官邸前で行っている「官邸前抗議行動」は今回で187回目。開始時間を30分早め、午後6時~8時まで行う予定で、官邸前ではコール中心で抗議するとしています。
一方、国会正門前では、大集会を予定しており、福島からの避難者、学者、著名人、学生、5野党代表らがスピーチします。

全国各地でも、反原連の官邸前抗議行動に呼応した金曜行動は通算170回~190回余のところが多数で、中には岐阜県垂井町のように222回を数えるところもあります。

3月26日(土)には東京・代々木公園で原発ゼロをめざす「NO NUKES DAY」が行われます。


【出典参考】2016年3月10日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

住民申し立て認め、高浜原発3、4号運転差し止め――大津地裁 

大津地裁(山本善彦裁判長)は3月9日、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じるという画期的な判決を言い渡しました。

2基への差し止め仮処分決定は昨年4月の福井地裁決定以来2度目で、原子力規制委員会の「新規制基準」の審査に合格し再稼働した原発にたいして停止を命じた司法判断は初めてです。

仮処分は即時効力があるため、関電は不服申し立て手続きなどで決定を覆さない限り、2基を法的に運転できない状態となりました。関電は記者会見で判決に「遺憾」と表明しつつも、営業運転中の3号機も、そして発送電開始の際に緊急停止するトラブルを起こした4号機も、即時停止の手続きに入らなければならず、明日10日にも停止することになります。

地裁は仮処分決定の中で、関電が再稼働の根拠に据えた原子力規制委員会の「新規制基準」が、東京電力福島第一原発事故の教訓を十分に反映していないと指摘し、不信感をあらわにしました。

決定は、「新規制基準」の策定の契機となった福島第一原発事故について、「原因究明は道半ばの状況だ」と指摘。電力会社だけでなく、原因究明が不十分な中で策定された「新規制基準」を「世界最高水準」(田中俊一委員長)と誇る規制委の姿勢にも「非常に不安を覚える」と厳しい目を向けました。

特に、想定外とされていた津波などが福島第一原発事故の甚大な被害を引き起こしたことを踏まえ、「過ちに真摯に向き合うならば、十二分の余裕を持つことを念頭に置き、見落としがあっても致命的な事態に陥らない思想で基準を策定すべきだ」と原発再稼働の問題の本質を強調する画期的な内容でした。

また、非常用電源の確保など過酷事故対策や、地震想定に用いる断層の評価、使用済み燃料プールの耐震性や事故時の冷却方法など、規制委が審査で「基準を満たす」と判断した具体的内容にも踏み込み、「裁判所に対し(安全だとする)十分な資料が提
供されていない」と軒並み疑問符を投げかけました。 

高浜原発を巡っては、昨年4月の福井地裁の仮処分決定は、関電が申し立てた異議審で同12月24日、同地裁が「新規制基準や規制委の審査に不合理な点はない」としてこれを取り消しました。その結果、3号機は今年1月29日に再稼働し、4号機も同2月26日に再稼働しましたが、前述したように、同29日の発送電開始の際に原子炉が緊急停止するトラブルが発生し運転を停止していました。

大津地裁での仮処分をめぐっては、2014年11月に山本裁判長が「再稼働は差し迫っていない」とし住民側の申し立てを却下。同12月に高浜2基が規制委の安全審査に合格したことを受けて、滋賀県の住民29人が同地裁に仮処分を申し立てていました。


【出典参考】2016年3月9日配信「時事通信」、「福井新聞ONLINE」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

原発事故賠償問題で福島県弁護士会などがシンポジウム開催 

3月6日(日)、福島県いわき市で東京電力福島第一原発事故から5年を前にシンポジウム「原発賠償打ち切り問題と『人間の復興』に必要な支援を考える」が開かれました。

主催したのは福島県弁護士会、仙台弁護士会、岩手弁護士会。

福島県弁護士会の大峰仁会長、日本弁護士連合会の齋藤拓生副会長、東北弁護士会連合会の宮本多可夫会長がそれぞれ挨拶しました。

その後、除本理史大阪市立大学教授、高木竜輔いわき明星大学准教授、福島県弁護士会の渡辺淑彦弁護士、兵庫弁護士会の津久井進弁護士らが報告をし、シンポジウムを行いました。

除本氏は、原発事故で事業者が受けた被害の広範性と継続性について「依然として厳しい状況に直面する事業者に賠償の継続を柔軟に認める必要がある」と指摘。

高木氏は、双葉郡8町村の商工業者調査について「住民帰還と商工業再開は相互依存にあり、両者は徐々にしか進まないことを認識すべきだ」と語りました。

渡辺氏は、営業損害賠償打ち切り方針の問題点を指摘し、「広範な商圏、取引先、従業員などを喪失し、2年間で正当な補償を支払ったとは言えないのではないか」と述べました。

津久井氏は、阪神・淡路大震災以来の弁護士活動にふれ、「災害と原発事故の対応は違う。賠償と『人間の復興』に必要な支援を車の両輪にすべきだ」と指摘しました。


【出典参考】2016年3月8日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

福島切り捨て許さず、原発ゼロへ――原発事故5年、革新懇がシンポジウム開催 

東京電力福島第一原発事故から5年目を迎える3月6日(日)、全国革新懇と福島県革新懇は、福島県二本松市で被災地の現状や原発ゼロへの展望を考え合うシンポジウム「原発ゼロをめざして今、福島から――あの日から5年」を開き、全国から721人が参加しました。

集会は、地元県民による「福島に生きる」の合唱で開会。福島県革新懇の小川英雄事務室長が「福島第二原発も含め原発再稼働が狙われている。さらに幅広い運動へと発展させよう」と挨拶しました。

シンポジウムでは、原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表委員の伊東達也氏が、除染や賠償打ち切り、避難指示区域の解除など現状や課題を報告しました。

社会福祉邦人「希望の杜福祉会結いの里」(楢原町)の早川千枝子施設長は、一緒に避難した施設の障がい者や母親がなくなったことを涙ながらに語り、原発再稼働はもってのほかと告発しました。

福島で被ばく実態の調査や相談活動を続けている立命館大学名誉教授の安斎育郎氏は「『負の遺産』を残さないために、エネルギー政策を主権者の手に取り戻そう」と訴えました。

日本共産党の志位和夫委員長は、「福島切り捨て政治は、原発固執政治と一体のもの」と安倍政権の「原発固執政治」が2つの矛盾に陥っていると解明。「被災者支援と一体で原発ゼロの日本を創ろう」と呼び掛けました。

その他、福島原発訴訟の服部浩幸原告団事務局長、福島県内の全原発の廃炉を求める会の広田次男弁護士、県農民連の根本敬会長が発言しました。


【出典参考】2016年3月7日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

「原発を考える戸田市民の会」が3・28に再生可能エネルギー学習会 

「原発を考える戸田市民の会」は、このほど3月28日(月)に戸田市役所で「なくそう原発、安心・安全な社会を『再生可能な自然エネルギーのまちづくりを!』」の学習会を開催すると発表しました。

講師は、県環境部エコタウン課職員の方です。平日の午後ではありますが、会では多くの市民の方に参加していただき、福島第一原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年の今年、原発に頼らない再生可能エネルギーを生かしたまちづくりをどう実現するか、市民のみなさんとご一緒に考えていきたいと思います。


なくそう原発、安心・安全な社会を
再生可能な自然エネルギーのまちづくりを!


日時:2016年3月28日(月)午後2時~4時
会場:戸田市役所7階 第5委員会室

参加費:無料

お話する人:県環境部エコタウン課職員

※若干の質疑応答の時間を取りたいと思っています。

主催:原発を考える戸田市民の会



■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜4号機再稼働に抗議――官邸前行動に1000人 

首都圏反原発連合(反原連)は、3月4日(金)夜、恒例の「首相官邸前抗議行動」を行い、1000人が参加しました。

この日、再稼働したばかりの関西電力高浜原発4号機が送発電に切り替えたとたん緊急停止したトラブルが発生したばかり。原発再稼働どころか、原発そのものの危険性が浮き彫りになったなか、民意の逆らって再稼働を急ぐ政府と関西電力の姿勢に「高浜原発いますぐやめろ」「安倍はやめろ」とコールを響かせました。

参加者は「再稼働は絶対反対。どんな『安全基準』をつくっても原発が危険なものだということは福島原発事故を見れば分かる。野党共闘が進んでいるが、その力で再稼働の流れを止めて欲しい」などと感想を述べていました。


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

3・26 NO NUKES DAY 

福島第一原発事故から5年、チェルノブイリ事故から30年のこの3月26日(土)、東京・代々木公園で「3・26 NO NUKES DAY 原発のない未来へ」の集会とデモが行われます。
以下、ご案内します。(サイト管理者)


つながろう福島・守ろういのち
3・26 NO NUKES DAY
原発のない未来へ


日時:3月26日(土)11:00~
会場:代々木公園(メインステージ、野外ステージ、ケヤキ並木ステージ)

11:00~      ブースオープン
11:30~13:00 オープニングライブ・トーク・アピール
13:15~14:30 オープニングライブ・大集会
14:40~      大行進(3つのコースでデモ)


主催:さようなら原発1000万人アクション、原発をなくす全国連絡会、首都圏反原発連合、反原発運動全国連絡会


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

緊急停止トラブルの高浜原発、今すぐ廃炉に 

2月29日に緊急停止トラブルを起こした関西電力高浜原発4号機に対して、「再稼働阻止全国ネットワーク」は3月2日、同原発の再稼働に抗議し、廃炉を求める行動を東京千代田区の関西電力東京支社前で行いました。

同ネットワークの柳田真共同代表は「高浜原発4号機が緊急停止したトラブルは、原発再稼働の危険性を明確にしました」と指摘。「3号機もただちに停止するとともに、1号機、2号機とともに廃炉にすべきです。高浜の地元の人々と連帯し、たたかっていこう」と訴えました。

参加者は次々にマイクを握り訴えろとともに、「再稼働ゆるさん」と書いたプラカードを掲げ「関西電力、原発やめろ」「高浜原発今すぐ廃炉」とコールを響かせました。

放射性物質の放出による自然環境への影響はないと見られますが、連続してトラブルが発生したことは重大な事案であり、再稼働などもってのほかです。


【出典参考】2016年3月3日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

高浜4号機緊急停止「過大電流検知」が原因 

関西電力高浜原発4号機で2月29日、発送電を開始する際に原子炉が緊急停止した問題で、関電は3月1日、異常な電流を検知する機器が、通常より大きな電流を検知したために作動したものだと発表しました。

関電によると、この機器は、主変圧器から送電線に送られる電流を調べる「リレー」と呼ばれる機器で、フル稼働時に流れる電流の30%以上の電流が流れると「異常」と判断して作動する設定になっていたといいます。

関電では、こうした機器の外観を点検したところ、異常は見つからなかったが、2011年8月に別の「リレー」を交換したことから、作動した「リレー」の配線が通常とは異なっていました。

調査の結果、「リレー」には送電線側から32%~35%の電流が流れていたといい、関電ではさらに詳しい調査を実施するとしています。


【出典参考】2016年3月2日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター