07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

「核燃料デブリ」取り出し方法を「気中工法」軸に検討 

福島第一原発事故によるいわゆる「核燃料デブリ」の取り出しについて、政府などは、格納容器内を水で満たさない「気中工法」を軸に検討していることが明らかになりました。

取り出し方法としては、格納容器内に水を満たして行う「冠水工法」と水を満たさないで行う「気中工法」があります。さらに「気中工法」と言っても、格納容器の横からアクセスする方法と、上からアクセスする方法があるわけです。

事故を起こした福島第一原発の1号機から3号機には、この間の水中ロボットの調査などから、完全に溶け落ちた「核燃料デブリ」が残されているだろうことが分かっています。

この「核燃料デブリ」の取り出し方法について、政府に技術的な助言などを行う「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」(以下、機構)は7月31日、福島県内で開かれた廃炉と汚染水対策を話し合う有識者会議において、格納容器を水で満たさない「気中工法」を用いたうえで、格納容器の横からアクセスする方法を軸に検討していることを明らかにしました。

その理由について機構は「取り出しやすさと作業員の被ばく量を下げる観点から現実的」と説明しています。

これについて、経済産業省の高木陽介副大臣は、「気中の横からの工法という提案があったが、冠水(工法)や気中の上からの工法もすべて否定したわけではないなどと述べました。

そのうえで、高木経産副大臣は、廃炉作業について「中長期ロードマップ」をこの9月をめどに「核燃料デブリ」の取り出し工法を盛り込んだ形で改訂する考えを示しました。


【出典参考】2017年8月1日配信「TBS NEWS」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda
スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター