07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

枝野氏「原発ゼロ目標前倒し」――民進代表選の争点に 

蓮舫代表の辞任に伴う民進党代表選が8月21日告示、9月1日投開票で行われようとしていますが、枝野幸男元官房長官(53)と前原誠司元外相(55)の一騎打ちとなる公算が大きくなっています。

その枝野氏が8日午後、衆院議員会館で記者会見し、党代表選への立候補を正式に表明したうえで、「原発稼働ゼロ」の党目標である「2030年代」の前倒し実施を目指すと強調しました。
既に立候補を表明している前原氏は党目標を堅持しており、原発政策をめぐる主張の違いが表面化した格好です。

代表選では、非自民の「受け皿」づくりに向け、日本共産党を含む「野党共闘」を継続する考えの枝野氏と、小池百合子東京都知事との連携も視野に入れる前原氏の戦略の違いが鮮明となっており、「野党共闘」の在り方が最大の争点となっていますが、同時に、枝野氏が今日「原発ゼロ前倒し」を表明したことで、エネルギー政策も争点に加わる見通しとなりました。

枝野氏は会見で「一日も早く原発ゼロを実現する。年内にも、脱原発をさらに前倒しすべく原発ゼロ法案を取りまとめ、国会提出を目指す」と語りました。

「原発ゼロ前倒し」については以前、蓮舫代表が一時検討しましたが、再稼働を容認する民進党最大の支持団体「連合」の猛反発で断念した経緯があります。

一方、前原氏は公約に「30年代原発ゼロ」の党方針を掲げています。

枝野氏は会見で「野党共闘」について「自民党を一議席でも減らす目的を見据えて進めるなら、答えはおのずから出てくる」と述べ、日本共産党などと衆院選候補者の一本化を進める方針を示しました。また、小池都知事については「自民党と戦うのかどうかが、連携の余地があるのかを決める。判断材料を持っていない」と述べるにとどめました。 


【出典参考】2017年8月8日配信「時事通信」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda

スポンサーサイト

[edit]

« 原発推進のメンバーずらり――「エネルギー基本計画審議会」  |  福島原発被害 避難者訴訟第3陣「原告団・弁護団」結成のつどい開く »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsutoda.blog.fc2.com/tb.php/1712-e28af3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター