09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

福島第一原発敷地内に「不発弾?」 

東京電力は8月10日、廃炉作業している福島第一原発敷地内の駐車場造成工事で、地中から「不発弾」のようなものが見つかったと発表しました。

物体は長さ約85センチ、幅約15センチ。自衛隊が調査したところ、旧日本軍の爆弾だということが判明しました。

東電は工事を中止し、周囲200メートルを立ち入り禁止としましたが、約1キロ離れた原子炉での廃炉作業に影響はないとのことです。

現場は、第一原発の事務本館から約400メートルの位置にあり、周辺はそもそも帰宅困難地域に指定されていますから、作業員以外、人はいません。

ここ第一原発の敷地には戦時中、陸軍の飛行場があり、攻撃を受けたこともあったそうで、当時の不発弾だということでした。

現在、福島第一原発は廃炉作業中ですが、これが稼働中だったとしたらと考えると、建設立地の点で事前調査はどうだったのかと疑問に思います。かなりいい加減な立地決定だったと思わざるを得なく、怒りが湧いてきます。(サイト管理者)

【出典参考】2017年8月11日付け「しんぶん赤旗」


■「原発を考える戸田市民の会」公式ホームページ
http://genpatsutoda.web.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」併設ブログ
http://genpatsutoda.blog.fc2.com/
■「原発を考える戸田市民の会」ツイッター
http://twitter.com/genpatsutoda
■「原発を考える戸田市民の会」ツイログ
http://twilog.org/genpatsutoda
スポンサーサイト

[edit]

« 東電敷地内の汚染車両460台が外部へ、一部中古車市場にも  |  6年5カ月経過した福島で「イレブン行動」宣伝 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsutoda.blog.fc2.com/tb.php/1716-45d913b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター